自分の教育的ニーズから考える学び舎

三つ子の魂早くまでもと言いますが、子供の人格形成は、親が課せられる一番の大事な教育ではないでしょうか。

SITE NAVI

子供の人格を教育して行く大切さ

自分の教育的ニーズから考える学び舎 三つ子の魂早くまでもと言いますが、子供の人格形成は、親が課せられる一番の大事な教育ではないでしょうか。学校のお勉強ももちろん大切です。大学進学までの16年間と言う長いスパンで、子供は様々な事を学び自分の中に吸収し、自分なりに噛み砕いて自分の知識とします。他人から教えられ、その教養を自分の中で理解し、消化して、自分の言葉で伝える事が出来る様になった時に、はじめてそれを自分の知識として得る事が出来ます。そこまで達成して、初めて一人の人間に真の教育を施したと言えるのではないでしょうか。でも、小学校、中学校と、最低でも6年間の間で色々な学校の先生や塾の先生がサポートして、周りの様々な方がその子の学力を伸ばしてくれる様サポートしてくれます。そのサポートに堪えられる鍛錬を教えるのも大事な親の任務です。

子供が小さい内から善悪などの道徳をきちんと教える事、世の中に普通に生活を行う際、それが一番大事になって来ます。小学校低学年位までのまだ子供が小さい内は、しっかり世の中の常識を教え込んで、常識を植え込んでいく事も親の教育の一つです。だんだん高学年になるにつれ、地域の運動サークルなどにも入れて、先輩後輩の縦社会や、コーチや監督との主従関係などの人間関係も学ばせておく方が、将来のびしろが全く異なって来ますし、男の子などは特にこの様な環境に身を置く事はとても大事な要素の一つです。親が出来ない、地域の人々と一緒になって育てて行くスピリットです。でもこの鍛錬が、後の学力向上に大いに関係して来ます。この様な経験をしてきた子供の方が、学力は伸びて行くからです。